読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デヴィッド・スーシェが送料無料じゃなくても格安価格!

激安
せっかくの名作、しかもスーシェ氏のポワロなのに、本当にもったいなかった。スーシェがこれまで演じてきたポワロの演技の集大成と言えるほど!力の入ったものでした。下馬評どおりなので少々悲しいのですが!原作からかけ離れています。

コスパ最強と噂の♪

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

デヴィッド・スーシェ名探偵ポワロ NEW SEASON DVD-BOX 4 [ デヴィッド・スーシェ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

)作品の力点は真相ではなく!そこから結論に至るまでのポワロの苦渋の決断にありました。この作品を前シリーズでも最後のほうに持ってきたのは!正解でした。…そして最後まで苦い表情が続くことになります。遂に!あの「オリエント急行の殺人」を含んだ最新シリーズがリリースされました!!レンタルで済ませてもよかったんですが!リリースが嬉しくて!即予約購入しました!まだ「オリエント急行の殺人」しか観てませんが。乗客と乗務員らとは距離を置いて!ひとり!列車を背に雪山に歩き出す険しい表情のポワロ。しかし!不運はそれだけではなかった。。残念なのは「オリエント急行の殺人」ですね…。出来ることなら同じキャスティングでいいので作り直して欲しいと思います。帰路に乗り込んだオリエント急行も相部屋で!横柄な乗客にいきなり仕事を依頼され!しかも列車は雪で立ち往生してしまう。(時代を現代に置き換えたテレビ映画「オリエント急行殺人事件〜死の片道切符〜」もありましたが…)ラスト、真犯人も超有名。クリスティーのポワロの中で、「オリエント急行の殺人」を特に気に入っている方には、この1枚は全くお勧めできない出来でした。珍しく十字架を握りしめて。3作品は恋愛色が原作より強調されている気がしますが、前3ボックスよりは見やすいかと。何より…それはないだろ、と思う結末で…。(ここが少し早足すぎたかもしれません。話の流れはミステリー中心ではなくポワロの内面に焦点を当てすぎていて原作と作品の雰囲気が違います。今回ポワロは、冒頭から事件が起こり、機嫌が悪い。この1枚だけは☆1つしか評価できません。それに、乗客の言動や行動が、わかりやすくて。初期の頃と比べて大分異なる雰囲気にようやく慣れてきているのですが!またちょっと戸惑い気味になるかもしれません。映画のほうが丁寧で明快だった印象があります。ここから先は書けませんけれど、乗客の事情聴取で結構早く真相は解明。件の依頼者が深夜車中で何者かに殺害されたのだった。原作も有名で評価が高い「オリエント急行の殺人」です!!シドニー・ルメット監督によるオールスター・キャストの1974年映画版も超有名ですね。前3ボックスとはまた違う雰囲気の作品となっております。